練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

「奏法・技術を見直す」 一覧


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

【超初心者向け】音階練習をやる前に「左手指のABCD型」をマスターしよう

バイオリンを始めたばかりの頃って、 「どうやって指を覚えればいいかわからない」 「曲によって指の形が全然違う」 「楽譜を見ていると、指板に目印を貼ってあっても役に立たない」 とか思っちゃうんですよね。 ...

【観察のすすめ】指、手首、肘、肩、足腰。ボウイングの原動力のバランスをコントロールするために

いちろーたです。 弓の持ち方、そして、運弓法とは、弓のコントロールを何の運動によって行うかという信念が作り出すものです。 手の形や、肘や肩の角度といった「見た目の姿形」から変えようとしても身につくもの ...

【もっとうまくなれる!音の磨きかた】キレイとキタナイの境い目を見つけよう

いちろーたです。 お悩み相談をしていたときのこと。 一番多かったのは身体の悩みではなく 「キレイな音で弾きたいんです」 というものでした。 そもそも「キレイな音」ってどんな音なのか。 これがわからなか ...

no image

【ポジション移動】「肘を中に入れましょう」をやめてわかったこと

2019/03/03   -フィンガリング

いちろーたです。 今回は「どうして身体の仕組みと言葉づかいが演奏に影響するの?」という話。 具体的には、バイオリンのハイポジションの教え方と肘の話です。 「肘を中に入れましょう」が役に立ったんだもん! ...

【選択を遊ぼう】同じポジションにとどまるか、同じ弦にとどまるか

いちろーたです。 バイオリンをひくときのこと あるフレーズを奏でるために、ふたつの選択があります。 ひとつは同じ弦にとどまること もうひとつは同じポジションにとどまること もちろんひとつの弦では対応し ...

【思考を遊ぼう】傘をさすたびにボウイングが面白くなる

いちろーたです。 「傘をさすことで見えてくるもの」 雨が降ってきました。 傘をさしますか? ところで、傘の「上」はどちらでしょうか。 杖なら把手が上に来るように持ちますから迷うことはないかと思います。 ...

バイオリンの演奏が上達する『触覚トレーニング』をやってみよう

バイオリン応援団☆いちろーたです。 触覚で音を磨くために 鉛筆とボールペンの違いを手から受け取ろう バイオリンから音を出すときのこと。 弓の毛で弦をこすります。 すると、音が聞こえます。 紙に字を書く ...

no image

【自由な4指のために】解剖学とは違うアプローチ。大切なものをケアするためのミニ実験

バイオリン応援団☆いちろーたです。 10年以上使っている「Mooradian」のケース 外についているポケットがほつれてしまったのを 母に頼んで縫ってもらいました。 そうしたら、母が取り出したのはなん ...

「腕が動かしづらい」を助けてくれるモノの見方(構えのセルフケア入門セミナー誌上体験・その2)

 ヴァイオリンを演奏するとき、腕が大活躍します。  腕をいまよりももっとラクに動かすためには、正しい理解が必要です。  その理解とは、自分自身に対する理解です。  チェリストであるカザルスは、あるお弟 ...

no image

ボウイングの問題を抱えたあなたへ……構えのセルフケア入門セミナー誌上体験号

 バイオリニストのみなさん、アップボウのときに、右肩を無意識に持ちあげていませんか?  弓を動かすとき、アップボウで……特に《弓のまんなかから元にかけて》……肩を持ち上げることをしているひとを見かける ...

no image

《カリふわFingering》たこ焼き指で美味しい音を楽しもう

バイオリン応援団☆いちろーたです。 フィンガリングの極意は「たこ焼き指」?! 今回はフィンガリングのお話(なのに、なぜかたこ焼きの話) たこ焼き、知ってますよね? 《外はカリッと、中はふんわりとろーり ...

no image

★ボウイングの極意「毛がリードする」★

バイオリン応援団☆いちろーたです。 「毛がリードする」というやり方 ボウイングの話です。ボウイングと言っても、弓を弦にふれさせるまでの話です。 どう準備するかが、音のはじまりを作るからです。 毛といっ ...

「ダウンボウで体が無駄に沈み込んでしまう」ボウイングとは何をどう動かすのか

バイオリン応援団☆いちろーたです。 ※写真は本文と関係無いようで、あります! ダウンボウとは何でしょうか。 ダウン方向に向かって欲しいのは弓(の毛)です。手や腕を動かすのは弓に動きのきっかけを与え続け ...

健やかに上達しよう
〜弾けない原因は音を出す「手前」にあった〜

はじめに考えたいこと 正しい構えとは  私たちがバイオリンをひこうとするときには、いろんな力を使って楽器から音を出しています。バイオリンから音を取り出すための力を得るために、私たちは自分自身の筋肉を使 ...

no image

どんな練習したらいいかわからなくなった人のための音を出さずにする練習【ボウイング編】

いちろーたです。 音を出さずにできる練習は色々あります。 今回は、楽器が手元にあるけど、音は出さないというタイプの練習を紹介します。 《弓毛で弦に触る・離す》 これだけです。 これを、音を立てないよう ...

no image

ボウイングをシンプルに作り変えるコンセプト「リード&フォロー」

いちろーたです。 【リード&フォローでボウイングをシンプルに作り変えよう】 ボウイングのとき、指の形や肘・手首の角度に注意をしすぎるあまり 本来もっとも大切な「何をどう表現したいか」がおろそかになって ...

no image

脱・初心者ボウイング「こする」「アップ・ダウン」の次にすること

いちろーたです。 今回はボウイングの話。 今よりもレベルアップしたい方のヒントになればと思います。 弓づかいで一番最初に学ぶのは「こする」ということ。 弓の毛で弦をこする。 これがレベル1 「音を出す ...

no image

ステップ2-5 【バイオリンが動く】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ  はじめての方へ(練習メニューの使いかた) ステップ2-5 【バイオリンが動く】  「バイオリンが動く」とは、どういうことでし ...

no image

ステップ2-4 【バイオリンに触れる】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ  はじめての方へ(練習メニューの使いかた) ステップ2-4 【バイオリンに触れる】  バイオリンに触れましょう。  触れるとは ...

no image

ステップ2-3 【バイオリンを見る】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ  はじめての方へ(練習メニューの使いかた) ステップ2-3 【バイオリンを見る】  いま、バイオリンは見えるところにありますか ...

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.