練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

「体の仕組み・動きを考える」 一覧


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス
no image

首を寝違えたバイオリニストのご機嫌を直す方法(演奏しづらい身体の使い方をやめる方法)

首を寝違えた日って、気分悪くなりませんか?何をするにしてもめんどくさくなります。 朝、顔を洗ってヒゲを剃ろうと、ちょっと横を向くだけで「アッ、痛っ」朝ごはんの片付けをしようと洗い物を終えて、振り向くと ...

「縮める・ゆるめる」筋肉の2つの状態をコントロールするために

いちろーたです。   「縮める・ゆるめる」筋肉の2つの状態をコントロールするために バイオリンの構えに使える力は、大まかに2つ。 筋力と重力。 前回は重力のありがたみの話をしたので、今回は筋 ...

構えにかかわる見過ごしがちな事実。アゴと頭と首の関係のこと。

いちろーたです。   構えにかかわる見過ごしがちな事実があります。   アゴは頭と一緒に動く 頭は首の上で動く 頭は首と一緒に動く ……です。     そして、 ...

【観察のすすめ】指、手首、肘、肩、足腰。ボウイングの原動力のバランスをコントロールするために

いちろーたです。 弓の持ち方、そして、運弓法とは、弓のコントロールを何の運動によって行うかという信念が作り出すものです。 手の形や、肘や肩の角度といった「見た目の姿形」から変えようとしても身につくもの ...

no image

すべての弦楽器演奏に共通の基本は「置く」

いちろーたです。 (メルマガ配信したものを公開します!) すべての弦楽器演奏に共通の基本は「置く」です。 なぜ「置く」が基本なのでしょうか。 (いちろーたの答えは、メールの最後に) ▼ ▼ ▼ バイオ ...

no image

ヨガや筋トレはお好きですか?関節を正しく扱うトレーニングを始めよう

バイオリン応援団☆いちろーたです。 筋トレでもヨガでも、大事なのは自分自身を正しく使うことです。 自信を持って「正しい使い方をして、演奏にも応用できているよ!」と言えるならステキですね\(^o^)/ ...

no image

カーブとアーチをお大事に〜身近なものを支えている仕掛けに目を向けると楽しいよ、という話

バイオリン応援団☆いちろーたです。 人の身体を支えているのはアーチです。 これがアチコチにあります(駄洒落ですよ) アーチもカーブも曲がったものに関する言葉です。 アーチとは弓のように反った形によって ...

no image

腹が減っては戦はできぬ?!〜食べたものはコントロールできない。口にするかどうかでコントロールしようという話

バイオリン応援団☆いちろーたです。 演奏会などで一日拘束されるときに 食事の時間とともにお弁当が支給される場合があります。 残さず食べちゃいますか? いちろーたは、演奏に支障がなさそうならいただきます ...

no image

バイオリンの非常識「体にやさしくて、気持ちいい」を学ぼう

いちろーたです。 どうしても言っておきたいことがあるのです。 バイオリンはカラダに優しくて、気持ちいい これが本当のことなんです。 バイオリンの演奏をする人のほとんどは、からだに悪いと思っています。お ...

no image

★構えがしっくりこない時ってありませんか?★久びさにビデオ付き

★構えたのに、なかなか弾きはじめられない人のために★ 違和感を解消する合言葉「バイオリンが鎖骨にやってくる」で動きは滑らかになる     せっかくやる気マンマンで楽器を構えたのに、 ...

no image

★バイオリン引越センターでっす♪ポジション移動って何を運ぶんですか?

バイオリン応援団☆いちろーたです。 先日、お隣さんが姉弟で荷物運びをしていました。 ベッドのマットレスやらでっかいパンダのぬいぐるみやらとにかくいろんなものを廊下に並べて軽トラックに積んででかけてゆき ...

no image

★続『肘をなかに入れる』このアドバイスから得られるものとは★

バイオリン応援団☆いちろーたです。 先日の配信で「肘をなかに入れてもうまくいかない」ということについて書きました。 お怒り・失望の反応をいただきました(笑 「骨も関節もたいした話が出てこないじゃないか ...

no image

★ポジション移動「肘を中に入れてもうまくいかない」★

ポジション移動のアドバイスとして「肘をなかに入れる」という言葉を聞いた事のある人は少なくないはずです。 しかし、残念なことにこのアドバイスのせいで苦しんでいる人も少なくないのです。 バイオリン応援団☆ ...

【カラダ開拓】肩こりをやめたい人には僧帽筋がきく

肩こりをやめたいなら…… そして 楽器の安定が欲しければ…… 僧帽筋を知りましょう! 肩こりで苦しむのは 「しなくていいこと」を したままでいるからです バイオリン応援団☆いちろーたです。 「しなくて ...

【筋肉を活かす構え】目覚めよ大腰筋!〜大腰筋を活かして「落ち着き」をゲットしよう〜

バイオリン応援団☆いちろーたです。 【大腰筋を活かして「落ち着き」をゲットしよう】 弓がバタバタ 音程が定まらない アンサンブルで注意力が散漫になる そんなあなたに大腰筋をオススメします 大腰筋を演奏 ...

【筋肉を活かす構え】広背筋を味方につけて省エネ快感ボウイングをマスターしよう

バイオリン応援団☆いちろーたです。 ボウイングですぐ疲れちゃうあなた! 広背筋を今すぐ味方につけましょう 広背筋を演奏に活かすために 広背筋はどこにある? 広背筋は腰椎と上腕骨をつなぐ筋肉です。 広背 ...

no image

「うわーっ!?手首ってこんな楽に曲がるの!」//3月26日はカラダの誤解を大掃除しちゃうよ

バイオリン応援団☆いちろーたです。 曲がらない手首だと、演奏しづらいですよね。 手首が自由に曲がると、演奏にもいい事がいっぱい起きます。 では、本当に自由な手首って、どんなものか知っていますか? どう ...

no image

指のロックを外すカギを見つけよう【奏法リノベーション365】Vol.269

指を動かせるようにしたいとき、何をしますか? あなたの演奏をイキイキと蘇らせる《奏法リノベーション》アドバイザー バイオリン応援団☆いちろーたです。 前回はフィンガリングのために大事な2つのことを紹介 ...

no image

【あご当てキャンペーン】「噛まない」と「口を開ける」の違い(弦楽器奏者が知っておいたらハッピーになれる身体の秘密)【奏法リノベーション365】Vol.151

噛まないことと、口を開けることは別のことです。 この違いを理解できると、 演奏中に、無駄な力を使う代わりに 必要な動きを、必要なタイミングで作り出せるようになっていきます。 アゴだけでなく、指も腕も。 ...

no image

アゴ。完璧な可動性(弦楽器奏者が知っておいたらハッピーになれる身体の秘密)【奏法リノベーション365】Vol.150

アゴの動きは、「開く/閉じる」ではありません。 あなたの演奏をイキイキと蘇らせる《奏法リノベーション》アドバイザー バイオリン応援団☆いちろーたです。 たぶん、バイオリンのレッスン中にアゴ関節のことを ...

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.