コロナウイルス感染拡大防止に伴う教室お休みのお知らせ

★ボウイングの極意「毛がリードする」★

バイオリン応援団☆いちろーたです。

「毛がリードする」というやり方

ボウイングの話です。ボウイングと言っても、弓を弦にふれさせるまでの話です。

どう準備するかが、音のはじまりを作るからです。

毛といっても、弓に張ってある毛のことです。

試してほしいこと

こんなやり方を試して欲しいのです。

音を出すために弓を弦に向かって近づけるときのことです。
「弓の毛が弦に向かう。その動きに、腕をはじめとする自分の全部がついていく」

……こう言い聞かせて動くと、どんな動きになるでしょうか?

※弓の毛が弦に触れて、音を出すために動き始めるのは、後のお楽しみですよ♪

動いたあとで調べてほしいこと

こうして動いたあとで調べてほしいことがあります。

1. 動き始める直前に、何を考えていましたか?
2. いつもと何か違いましたか?それとも、すっかり同じで何も違いはなかったでしょうか?

これ、違いがわかってもわからなくてもいいです。あなた自身にとって同じだったかどうか、ということがわかればいいです。

なぜこんなやり方をススメるのか

わたしたちの知覚システムを活用するやり方だからです。

私たちは、手を動かす時に、手がどこにあるかを「見なくても」わかります。
同じように、手に持った弓を動かすときに、弓がどこにあるかを「見なくても」わかるように自分の《体の地図》と統合させることができます。

同じように、弓に張ってある毛も。

まとめ

今回紹介したのは、ボウイングのトレーニングにもなりますが、根本的には自分の動きを観察するトレーニングであるとともに、自分の動きを意識的に作り変えるトレーニング方法の1つです。

好きなだけ繰り返してください。

タイトルとURLをコピーしました