練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

体の仕組み・動きを考える

カーブとアーチをお大事に〜身近なものを支えている仕掛けに目を向けると楽しいよ、という話

更新日:

バイオリン応援団☆いちろーたです。

人の身体を支えているのはアーチです。
これがアチコチにあります(駄洒落ですよ)

アーチもカーブも曲がったものに関する言葉です。

アーチとは弓のように反った形によって重さを支える仕組みです。
カーブというのは見た目に曲がっていることです。

身近なもので言うと……

アーチって、橋とか大きな構造物によく見られるものです。

というか、弓こそがアーチそのものです。

骨格模型をよく見るとアーチだらけであることことに気づかされます。

骨盤のアーチは見応えがありますねー!
直立二足歩行が先か、この骨盤が先か。
考えるだけで眠れなくなります。

足にも見事な動的アーチの組み合わせがあります。
ヒトの場合、足首から先だけで3つのアーチがあると言われています。

これを知るだけでも立ち方や歩き方が変わるんじゃないかというくらいの威力を持っています。

見た目だけではわからないことってたくさんありますけれど

見るだけでわかることも負けないくらいたくさんあります。

見えたものから何かを見つけようという好奇心を持って身近なものを見直してみてはいかがでしょうか


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-体の仕組み・動きを考える
-

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.