「レッスン準備のアイデア・メモ」 一覧

【御礼】2017夏のセミナー終了しました!12時間の講義で使ったカンペも公開(^_^;)

バイオリン応援団☆いちろーたです。 2017夏のセミナーがすべて終了しました。11名のかたにご参加いただきました。 いちろーたは楽しませてもらいました!ありがとうございます(^^) 大阪と東京それぞれ ...

no image

イマココものまね王決定戦(構えを変えるための予備エクササイズ)

いちろーたです。 今日おすすめするのはイマココものまね王決定戦です。 なにをモノマネするかは、下に書いておきます。 そして、採点基準は審査員が自分で決めてください。 イマココものまね王決定戦のルール一 ...

「良い構え」って何なの?……を考えてます

こないだから書きはじめた《良い構えとは》というシリーズ。 今日はもう一度頭の中を整理。

no image

より良い構えのために、何を見ればいいのか

いちろーたです。 今回は、いまよりも良い構えを見つけるにはどうしたらいいかを考えます。 より良い構えの手がかりはどこにある? 構えの良し悪しの判断基準は何か。 それは、効率の良さです。 これに尽きます ...

no image

良い構えとは何か。どんな考えが役立つのか。

いちろーたです。 楽器の構えの良し悪しを、どうやって判断していますか? 良い構えを作るために、どんな考えが役立つでしょうか? 構えの良し悪しとは 構えの良し悪しの判断基準は何か。 それは、効率の良さで ...

no image

【首とアゴを固める滑稽さ】エアバイオリンで体験してみよう【構え方・持ち方をなんとかしよう♪】

前回突然ご紹介した実験、やっていただきましたか? まだだったら、早速やってみてくださいね→ちょっと読んで、試してみる! というわけで、 前回は頭とアゴの固さをやわらげる実験でした。 この実験が演奏のた ...

no image

【ふたりでできる】バイオリン奏者のための首とアゴの固さをやわらげる実験♪

いちろーたです。 突然ですが、首とあごの固さをやわらげるための実験をご紹介します。 ひとりでもできますが、 できれば2人かそれ以上の小さなグループを作ったほうが 実験しやすいです。 実験に先立って、ち ...

「手のカタチをどう作る?」バイオリン演奏にアレクサンダー・テクニークを使う

バイオリン演奏で手を使わない人はいません。 あなたは、手のためにどんな努力をしていますか? メニューインはバイオリンのことを触覚の楽器とさえ言っています。 バイオリン奏者は、みんな演奏技術を高める努力 ...

イメージトレーニングの流儀(メリットと限界)

楽器の練習には、 楽器をもってする練習と、 楽器を持たずにする練習とがあります。 楽器を持たずにする練習を、イメージトレーニングともいいます。 イメージトレーニングには、 楽器を持ってする練習とはこと ...

no image

【準備メモ】ヴァイオリン演奏の悩みってどんなことだろう?

バイオリン演奏に悩む人のためのワークショップを準備中です。 どんな内容にするか考えているところです。 ちょっとずつ書いて、準備を進めていくことにします。 初めに……みんなが気にしていることはどんなこと ...

no image

「選曲が決まらない!?」締切をつくろう!(僕が優柔不断を克服するまで)

「今度の発表会、何を演奏しようか?」 「新しいバイオリンがほしい!」(どんな?) 「どのオーディションを受けようか?」 「いつレッスン予約の電話をしようか?」 いろんなことを決められずに、僕はずいぶん ...

音をうけとること。音楽がきこえること。

音楽とはなんだろう。 音のなかに音楽を聞こうとして、わけがわからなくなる時があります。 「聞こえてくる音を、ただ受け取ってごらん」 ふと、こんなこといわれたことがあったなあ、と思い出しました。 音楽が ...

no image

自由になりたいバイオリン奏者がはじめに学ぶべきこととは?

音を出すか、出さないかを選ぶこと。 いま出している音を、どう変えるかを選ぶこと。 どう変えられるかを見つけること。 つまり…… まず、やるか、やらないかを決めること。 次に、どうやるかを決めること。 ...

バイオリニストのよくあるカン違い「手の筋肉を鍛えなさい!」〜間違いだらけのトレーニングは音楽家生命を断ち切る

あるレッスン室にて 「せんせー、弓を持っていると手が痛くなるんです」 「よし、宿題を出すぞ。これから1週間、指弓体操10回、5セット毎日やりなさい!」 あるオケ部室にて 「せんぱーい、バイオリン練習し ...

no image

【言葉が奏法を変える】バイオリニストのタブー?!「持つ」を実況アナウンスしてみよう

バイオリンを持つ 弓を持つ 楽器演奏の指導をするときに、こうした言葉を使ったことはありますか? ふだん何気なく使っている言葉が、演奏のさまたげになっている場合があります。 「持つ」を考えよう  「バイ ...

no image

20時間でうまくなる。あの人が使っている上達の法則

上達の早い人は、練習を打ち切るための判断基準の設定が適切です。 これはどういう事でしょうか? 1日5分でも30分でもいいから練習しなさい という話はよく聞きます。 このとき、時間は目安であって「5分や ...

no image

【セミナー準備メモ】弦楽器奏者のためのやさしいカラダの使い方 2013.10.19 東京

今週末開催する1Dayセミナー「弦楽器奏者のためのやさしいカラダの使い方」のテーマは、 「本当の脱力をマスターする」です。 そのための準備メモを書いておきます。 現在募集中のセミナー・イベント一覧はこ ...

プロでも忘れがちな、管楽器と弦楽器の本質的かつ決定的な違い☆当たり前すぎて教えようとさえ思わないことだろうな、とサブウェイでサーモン&マスカルポーネ食べながら考えた

いちろーたです! 渋谷でレッスンの合間、ランチを食べる学生たちのおしゃべりを聞き流しながら、ふと思い出しました。 管楽器は、音の長さと息の長さが同じ。 でも、弦楽器は違う!!! 弦楽器は、音の長さと息 ...

no image

演奏を変えるための3つの目のつけどころ(望みどおりに演奏したいなら、望みを直視しよう)

 演奏に行き詰まったときに、演奏を変えるための目のつけどころは次の3つです。 出た音はどうだったか 身体をどう動かしたか 自分に何と言っていたか  この3つです。

ヴァイオリンを演奏する・いちろーたの左手と右手

【音色改善エクササイズを考えるためのメモ】弦楽器演奏における左手の仕事から音色のためにできることを見つけよう

 音色改善エクササイズをつくるためのメモ。そのまま公開しておきます。 音色改善エクササイズ 高音域用 低音域用

Copyright© 【弦楽指導者アカデミー】練習が楽しくなる身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.