弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

自由になりたいバイオリン奏者がはじめに学ぶべきこととは?

音を出すか、出さないかを選ぶこと。

いま出している音を、どう変えるかを選ぶこと。

どう変えられるかを見つけること。

つまり……

まず、やるか、やらないかを決めること。

次に、どうやるかを決めること。

この2つに集約されるのではないだろうか?

そして、まだ知らないでいることがどこかにある、と知ることが、より自由にしてくれるのではないだろうか。


構えを変えて思い通りに演奏できるようになる
『バイオリン応援団通信』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-レッスン準備のアイデア・メモ