バイオリン演奏を楽しむ構え方を身につけよう☆バイオリン応援団

音楽の喜びを満喫できるコンディションづくり。ラクな動き・気持ちよく・自由に楽しめるココロとカラダのやさしい使い方。頑固なクセを手放すレッスン。アレクサンダー・テクニークに基づいた教え方の研究。東京都府中市の教室。

いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』〜構えの見直し方〜

2016/09/14

いちろーたです。
新しいテキストを書いています。徐々に追記していっています。
バイオリン奏者なら誰でも演奏に必要となる動作を練習できるようにしたものです。

「基礎練習」とは何を練習するのか。
何ができるようになったら「初心者」を卒業できるのか。
「教える」ことができるようになるには、なにがわかっていればよいのか。
現時点での私の考えを箇条書きにしてみました。

『バイオリン奏者のための究極の基礎練習メニュー』 構えの見直し方はこれでオッケー

 さあ、あなた自身と楽器とを触れ合わせる動きを磨くドリルを始めていきましょう!

 リンクをクリックすると解説・演習課題の記事にジャンプします。ご活用ください。

 《バイオリン奏者のための究極の練習メニュー》 はじめての方へ

バイオリンを支える5つのバランスポイントを知る

 鎖骨、左手、アゴ、首、弓の毛……5つのバランスポイント

バイオリンを鎖骨に置く

 バイオリンを置く
 鎖骨を知る
 バイオリンを見る
 バイオリンに触れる
 バイオリンが動く

あご当てにアゴを置く

 アゴを知る
 頭と首を知る
 頭が動く

弓の毛と弦をつける

 手を知る
 弓を見る
 弓に触れる
 弓の毛が動く
 弦を選ぶ
 サウンディングポイントを選ぶ
 音が出る

指板に指を置く

 指を知る
 指を見る
 指が指板に止まる
 指が指板から離れる
 弦を選ぶ
 指を選ぶ
 指が動く
 弦の長さが決まる

……これをどう練習するのか。

学んでみたい人はレッスンやセミナーへ遊びにいらしてくださいね。

追伸

これはあくまでも、「楽器と自分とを関係づけるための動き」です。「自分と聴衆を関係づける」「自分と共演者を関係づける」「自分と作品を関係づける」ということも、このように動きを磨いてゆくことが役立ちます。でも、ここに書いた「楽器と自分を関係づける」ができれば、それを応用するだけです。やってみてくださいね。


 この他にも演奏改善のヒントをサクッと知りたい!という方はメール講座【奏法リノベーション365】を無料で読むことができます。この機会にぜひどうぞ。

【奏法リノベーション365】
〜もっと楽しみたい、気持ちよく演奏したいあなたへ贈る365のヒント〜

  あなたのバイオリン演奏が生まれ変わる1日5分の意識改革レッスン【奏法リノベーション365】を無料で読むにはここをクリック

-構えの見直し方〜バイオリン奏者のための《究極の基礎練習メニュー》