弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

ステップ2【バイオリンを鎖骨に置く】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ
 はじめての方へ(練習メニューの使いかた)

ステップ2【バイオリンを鎖骨に置く】

 バイオリンは鎖骨に置いてください。

 置くのは、あなたがやります。
 あなたが置く物は、バイオリンです。
 バイオリンを置く場所は、鎖骨です。

 あなたがすることをひとことで言うと……
 「バイオリンを鎖骨に置く」
 これだけです。

演習課題2-1 【バイオリンを置く】

 バイオリンをいろいろな場所に置きましょう。

 何が起こるか見てみましょう。手に持ったバイオリンを、いろんな場所に置いてゆきます……ピアノの上、ソファの上、ベッドの上、ダイニングテーブルの上……あなたが自由に出入りできる空間のどこでも、手が届く範囲なら、あらゆるものの上に置くことができます。

 では、改めて……

 あなたの手にあるバイオリンを、あなたの鎖骨に置きましょう。

 どんな事に気づきましたか?

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ


構えを変えて思い通りに演奏できるようになる
『バイオリン応援団通信』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-バイオリン奏者のための《究極の基礎練習メニュー》