ステップ1【バイオリンを支える5つのバランスポイント】を知る – いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ
 はじめての方へ(練習メニューの使いかた)

ステップ1【バイオリンを支える5つのバランスポイント】

 いま、バイオリンはどこにありますか?
 そのとき、バイオリンの重さを支えているのは何でしょうか?

 では、バイオリンを演奏する時の支えはどうでしょうか?

 奏者がバイオリンを支えるときに使えるものは5つあります。

  1. 鎖骨
  2. 左手
  3. アゴ
  4. 弓の毛

 この5つをどのように組み合わせるかは、奏者であるあなたが選びます。

 バイオリンを演奏する時、あなたはこの5つを使ってバイオリンとダンスを踊っているのです。

バイオリンを支える5つのバランスポイントという考え方はジェニファー・ジョンソンさんが著書『ヴァイオリニストならだれでも知っておきたい「からだ」のこと』で紹介しています。(リンクはAmazonにジャンプします)

演習課題1-1 5つの支えを体感しよう!

 演奏する時、5つのバランスポイントのうちどれか1つを使わないと決めて演奏しましょう。……そうすると何が起こるでしょうか?

 それが終わったら、使わないバランスポイントを別の1つに変えて演奏しましょう。……そうすると何が起こるでしょうか?

 使わないバランスポイントを2つ、3つと増やすと、何が起こるでしょうか?

いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする