バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

ステップ2-3 【バイオリンを見る】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

2016/09/02

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ
 はじめての方へ(練習メニューの使いかた)

ステップ2-3 【バイオリンを見る】

 いま、バイオリンは見えるところにありますか?

 見える場所にあるなら、バイオリンはそのままの場所に置いたままでいいです。見えない場所にあるなら、見える場所に置きましょう。

演習課題2-3a 【バイオリンを見る】

 さっそく実験に入りましょう。いま、バイオリンはあなたから見える場所にあります。では、何が起こるか見ていきましょう。

 バイオリンを見てください。

 いま、あなたは何をしたでしょうか?
   あなたのカラダの何がどう動きましたか?
   その他に気づいたことや、思ったことはどんなことがありましたか?

演習課題2-3b 【見えていることに気づく】

 「見る」と「見える」は違います。

 「見る」というのは、意図により起こされる能動的な行為です。まず見たいものがあって、どこにあるかを探し、対象物に目を向ける……これが「見る」です。

 「見える」とはどういうことでしょうか。目に届いた光が刺激となって、脳が反応して映像を投射する……これが「見える」です。

 この違いを確かめてみましょう。

  その1. 「あなたが今いる場所のすべてを見る」
  その2. 「あなたは、今いる場所で、目に入ってくるあらゆる光をただ受け取る」

 この2つのやり方について、どんな違いに気づきましたか?
  ・見え方には何か違いがありましたか?
  ・受け取った情報量には違いがあったでしょうか?
  ・見ている自分の状態はどう違いましたか?

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-バイオリン奏者のための《究極の基礎練習メニュー》