弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

ステップ2-4 【バイオリンに触れる】 - いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』

2016/09/04

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ
 はじめての方へ(練習メニューの使いかた)

ステップ2-4 【バイオリンに触れる】

 バイオリンに触れましょう。

 触れるとは、対象物との距離を無くすことです。
 離れているものを近づけて、これ以上近づけないようにすることです。

 手は触れている相手から情報を受け取ります。
 と同時に、手は相手に対して何かを与えます。

演習課題2-4 【触れる】

 手で色んな物に触れてみましょう。

 手は、触れた相手からどんな情報を受け取っているでしょうか?

 手は、触れた相手に何を与えているでしょうか?

 いちろーた式・バイオリン奏者のための『究極の基礎練習メニュー』 もくじ


構えを変えて思い通りに演奏できるようになる
『バイオリン応援団通信』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-バイオリン奏者のための《究極の基礎練習メニュー》