練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

「おすすめ資料(動画・教材など)」 一覧


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

「ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300」を買ったぞー♪読んだぞー♪こんなことを考えたぞー♪

いちろーたです。 前回書いたように……「ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300」を買っちゃいました←(^o^) 素敵な内容なので今回はざっと読んだ感想をお届けしますね。 池袋ヤマハ ...

「ヴァイオリン Basics: いつでも学べる基本練習300」を買ったぞー♪

あったらいいなと思っていた本が売っていたので購入。 こういう本は「どう使うか」が大事。 技術レベルに関係なく、それぞれの見出し読むだけで、バイオリン演奏に必要な考え方がおよそつかめると思います。 ヴァ ...

音をただ聴いても駄目なのだ

いちろーたです。 「うまくなりたいなら音を聴け」そういうアドバイスを耳にすることがあります。でも、聴けばいいってもんじゃない。どう聴くかが大事だよってハナシですよね。 というわけで、今日の読んだ本から ...

「楽しく読み解こう!」ってのがポイント!バジルさんの新刊は考えるヒント満載だった

いちろーたです! 連日書いてますが、バジルさんの新刊はバイオリン演奏する人や指導者にも是非とも読んでもらいたいのです。 なぜか。 今までにあまり取りざたされてこなかった「演奏する自分自身」「指導する自 ...

【バイオリン指導者必読】まだ買っていないなら『音楽と演奏指導のためのマンガとイラストでよくわかるアレクサンダー・テクニーク入門』のオビだけでも読むべき理由とは

あなたは、なぜ音楽に取り組んでいますか? 貴重な人生の時間を注いで、進んで労苦を引き受けて、練習して研究して、お金のやりくりもして。 あなたがそこまで熱心に音楽するのは、なぜですか? いちろーたです。 ...

【買ったよ!】『音楽演奏と指導のためのマンガとイラストでよくわかるアレクサンダー・テクニーク入門』

近所の本屋さんで「在庫なし」だったので、その近くの楽器屋さんでゲット! 読後5分間の第一印象は……いままでのアレクサンダーテクニーク本になかった実践しやすさが、コンパクトにまとまっているなあ。という感 ...

ハヴァシュ・バイオリン奏法《A NEW APPROACH TO VIOLIN PLAYING》が出たよ!

出ました!日本語版! 副題は「力みをとり、あがりを克服するアプローチ」 早速読もうっと! ハヴァシュ・バイオリン奏法 ―― 力みをとり、あがりを克服するアプローチ posted with ヨメレバ カ ...

奏法リノベーション365の登録はここをクリック

1日5分の《濃すぎる》メール講座?!【奏法リノベーション365】好評配信中です!

↑このバナーもおなじみになってきたでしょうか? メール講座「奏法リノベーション365」本日やっとVol.60まで書き進めました。 現在一番進んでいる方で、Vol.56までお届けしています。 1日5分で ...

映画『マエストロ!』のこと。出演して、鑑賞して……

「いちろーたさん!見たよ!ばっちり映ってたよ!」 と、事前にお知らせしていなかった知人・友人たちからFacebookで声をかけられまくってしまいました。 先日、公開まもなく終了ということを知り、あわて ...

【バイオリン】生徒さんを上達させたい先生なら、思い出してほしい大切なこと

「先生、覚えていますか?」 バイオリンにはじめて触ったときの感動の声と 楽器が響いた時の驚きの顔がどんなだったかを。 上達を目指すあなたに贈る365のヒント『奏法リノベーション365』 読者登録フォー ...

自由な演奏をもたらすもの、妨げるもの。【YouTube動画】を見て感じたこと

演奏法とは何なのか。 表現の欲求は縁に触れさえすれば、自ずと溢れだすものだよね。 わたしたちは、よりよいものを求めることで、かえって不自由になっていないだろうか? 上達を目指すあなたに贈る365のヒン ...

【マスタークラス動画】ココロひらいて、通わせる音楽をはじめよう(ベンジャミン・ザンダー×米崎 光 バイオリン)

TEDでスピーチもしている、ベンジャミン・ザンダーによるマスタークラス。イキイキとした音楽のためにできること、音楽がイキイキとした人生のためにできることはなんだろうかと、思いつつ見ています。 あなたな ...

演奏は演技でもありますので、この本をおすすめします。『“役を生きる”演技レッスン ──リスペクト・フォー・アクティング』ウタ・ハーゲン著

演劇コーチングとアレクサンダーテクニークのアプローチで音楽家・アンサンブルグループへの指導に絶大の信頼が置かれている、キャシー・マデン先生が、この本の存在を教えてくれました。 演技って、何をすることな ...

演劇仕立ての「ラジオ英会話」で舞台度胸を鍛える!(英会話力と表現力を磨こう!)

英会話を学びつつ、バイオリン奏者としての舞台度胸を鍛えて、 感情豊かな表現力を身につけらっるって知っていましたか? ボクが英会話を学ぼうと思ったのは、英語でバイオリンレッスンを受けたいと思ったから。 ...

心から愛されるバイオリニストになるために……”奇跡の人” ヘレン・ケラーから学ぶものとは?

バイオリン応援団☆いちろーたです。 ――毎日毎日が、両手に余るほどの可能性を引きつれて私のもとを訪れます―― 障害に負けず、社会貢献を貫いたヘレン・ケラーの言葉です。 奇跡の人 [DVD] poste ...

どう選ぶ?『ハレの日と発表会の服』〜演奏会で自分らしさを演出する

年の瀬らしいことをやろうと思って、スーツをクリーニングに出してきました。 演奏家って、着るものにどれだけ気を使っているのでしょうね? 演奏会や発表会では、どんな服を着るでしょうか? なぜ、その服を選ん ...

ステージに立つすべての《表現者》に読んでもらいたい……ウタ・ハーゲン著「リスペクト・フォー・アクティング〜役を生きる演技レッスン」

ひょんな出会いから、ウタ・ハーゲン著「リスペクト・フォー・アクティング〜役を生きる演技レッスン」を先週手に入れました。 “役を生きる”演技レッスン ──リスペクト・フォー・アクティング posted ...

いますぐ買うならこの3冊「弦楽器奏者のためのカラダの使いかた」おすすめ本

バイオリンなど、弦楽器奏者のためのカラダの使いかたを解説した本はいくつもあります。 痛みやケガの予防・対策や、ウォームアップのための体操、メンタルケア・あがり症について……などなど。 なかでも、おすす ...

「自分という錯覚」を使って上達脳を開発しよう!……【おすすめ本】脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

地元の図書館が、カラダの特集コーナーを作っていて、そこで見つけた1冊です。 まだ読み始めたばかりだけど、おすすめ度高い。 動きのヒミツや、考えかたのヒミツだとか、 ――「自分」ってなんだろう? という ...

無限に広がる「選択の洪水」がもたらす無力感を克服するには?【TEDより】

情報の洪水がもたらす無力感を、わたしたちはいったい、どうやって克服すればいいのでしょうか? 彼は、こんな本も書いています 「あっちにしとけばよかった……」 選んでも選んでも迷い、後悔しているあなたへ。 ...

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.