「自分という錯覚」を使って上達脳を開発しよう!……【おすすめ本】脳の中の身体地図―ボディ・マップのおかげで、たいていのことがうまくいくわけ

地元の図書館が、カラダの特集コーナーを作っていて、そこで見つけた1冊です。

まだ読み始めたばかりだけど、おすすめ度高い。

動きのヒミツや、考えかたのヒミツだとか、

――「自分」ってなんだろう?

ということを言葉で考えることが大好きな人なら、サクサク読めるはず。

自分の仕組みを知るために、図鑑や解剖学の書籍で形や構造を眺めて知ることも大切ですが、いろんな論文の成果を、ざっくり読み取るために、こうした本は助けになります。

Amazonで「なか見検索!」できます。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする