心から愛されるバイオリニストになるために……”奇跡の人” ヘレン・ケラーから学ぶものとは?

バイオリン応援団☆いちろーたです。

――毎日毎日が、両手に余るほどの可能性を引きつれて私のもとを訪れます――

障害に負けず、社会貢献を貫いたヘレン・ケラーの言葉です。

わたしたちの今日には、どんな可能性が訪れているでしょうか?

いくつの可能性に気がついているでしょうか?

「あれもできる」
「これもできる」

どれがいいかな……

あっ、もう時間がない。

結局できなかった。

こうしてまた次の日がやってきます。

「できる」という幻想から抜けだそう

次の日も、また次の日も、

数限りない可能性を前に、
わたしたちは、何を選んだらいいか迷っているうちに
選びとることを忘れて
迷うことに時間を費やして

「選んだらこうなる」という幻想のなかに貴重な時間を過ごしてしまいます。

どうすれば、やりたいことができるのか。

「やりたい」を「やった!」に変えるには、何が必要でしょうか。

「やった!できた!」も「やった!でも、できなかった!」も価値ある経験です。

実践した証拠です。

今日の宿題

きょう一日の終りに問いかけましょう。

「今日は、何をした?」
「今日は、どんな発見があった?」
「次は、何をする?」

これもまた、自己観察です。

この積み重ねによって、
自分を研ぎ澄ませることができます。
動きにも磨きがかかっていきます。

まず、一日やってみましょう。

◎ヘレン・ケラー関連商品


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする