「キャシー・マデン先生からの学び」 一覧

「迷うのが楽しい」ではなく「目的に近づいている確信があるから何をしていても楽しい」なのだ!

バイオリン応援団☆いちろーたです。メルマガで配信したものを時間差で公開します。 秋祭りとかいってメールばんばん書いてお送りしてますけど もう10月も中旬です。 今年の総仕上げ、準備していますか? 来年 ...

音楽に変容をもたらした「あなたが大切にしているものに招待する」というプラン

バイオリン応援団☆いちろーたです。 今日も東京は冷たい雨が朝から降ったりやんだり。 寒くなってきましたが、いかがお過ごしでしょうか。 先日は、アレクサンダー・テクニークの本を英語のまま味わうお茶会『舞 ...

ここだけはおさえておきたい解剖学的知識の本質《弦楽器演奏にアレクサンダーテクニークを活かすには》

なぜカラダの知識が必要なのか  弦楽器の演奏を、よりやさしく上達させようとするなら、想像上のカラダと実際のカラダを一致させることが役立ちます。  なぜ一致させる必要があるか。それは、カラダの知識やカラ ...

「緊張する」を考える。パフォーマンスの源を"Excitation"によって汲み上げよう

いちろーたです。 「緊張」という言葉って、ずいぶん広く使われていますよね。 でも、その言葉を使う時に、「いま《緊張》という言葉で呼ぼうとしたのは、どんな出来事のことだったのだろう?」と問うと、何が起こ ...

演奏中に演奏コントロールを失わないためには?(キャシー・マデン先生とのレッスンテーマをこれにした理由2014年7月)

「ボクは演奏をもっと改善できるはずだ」 「そのために何ができるかを知りたい」 昨年に続き、今年も キャシー・マデン先生の レッスンを受けました。 今年のレッスンでは、 大きな1つのテーマに取り組みまし ...

「一音入魂」……キャシー・マデン先生とゲーテ(ある日のレッスンから)

2014年。 今年も、キャシー・マデン先生がやってきた。 キャシーはアレクサンダー・テクニーク教師。演劇など舞台パフォーマーのために大学で教鞭をとっています。世界最大級の「アレクサンダー・テクニーク」 ...

no image

「プロとは何か?」〜キャシー・マデン先生の教えから

 私・いちろーたが、本格的に教え始めて、自分よりも素晴らしいと思えるプレーヤーに教える機会に恵まれ始めた頃に、不安を感じるようになっていきました。そんなとき、共に学ぶプロのチェリストさんが「私はこう教 ...

【ヴァイオリンの構え方について】会話の記録〜キャシー・マデン先生とのレッスン(2013/05/17 東京・目黒)

 2013年5月17日、キャシー・マデン先生とのレッスンでどんな会話をしたのか、書き起こしてみました。その場に居合わせなかった人にとっては、少し分かりづらさがあるかと思います。それでも十分役に立つアイ ...

《望みは何?》はじめに的を置こう!〜キャシー・マデン先生とのレッスン(2013/05/21 東京・目黒)

 今夜はキャシー・マデン先生とのレッスンがありました。レッスンで何をやろうかと考えることも楽しい時間です。今夜のレッスンは、アレクサンダーテクニーク教師向けのレッスン、そして、教師になることを目指して ...

no image

《いま》は常に新しい!〜キャシー・マデン先生とのレッスン(2013/05/17 東京・目黒)

 世界一のアレクサンダーテクニーク教師と呼ばれているというキャシー・マデン先生からレッスンをしていただく機会に恵まれました(BODYCHANCE 音楽専門アレクサンダーテクニーク教師養成BodyThi ...

Copyright© 【弦楽指導者アカデミー】練習が楽しくなる身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.