感動を与える演奏のつくりかた

☆忙しい人のための「ウォームアップ・パズル」☆音楽するマインドを温めよう

更新日:

バイオリン応援団☆いちろーたです。

 「忙しくてウォームアップの時間さえも惜しい!」
 と感じているなら、スキマ時間を使って、ウォームアップの本質を見つめなおしましょう。

 《ウォームアップ》というけれど、何の温度を高めるのでしょうか。

 あなた自身の筋肉、血液、神経回路……
 楽器、部屋の空気……

 いろんなものの温度を高めますよね。
 でも、温めること自体は目的ではありません。

 なぜ温めるのでしょうか。

 《反応力を高めるため》
 であり
 《動きやすさを得るため》
 ではないでしょうか。

 モノの温度を高めるというのは、確かにウォームアップです。
 温度をあるレベルまで高めることで、私たちは反応しやすくなります。

 

 温めるだけでいいなら、楽器ケースを開ける前からウォームアップができます。
 移動しながらでもできるウォームアップが見つかるはずです。

 「いまこの瞬間にできるウォームアップって、何があるかな?」
 「いまやっていることは、演奏にとってどんなウォームアップになっているかな?」

 ちょっとしたパズルを解くようなつもりで、問いかけてみてくださいね。

 そのパズルに取り組んでいる時、どんな感情を味わえるでしょうか

 ところで、ウォームアップには「温める」という言葉通りの意味のほかに、もう一つ大事な意味があります。
 それについてはまた今度。

●今回の課題
いまやっていることと、大好きな音楽とのつながりを見つける

-感動を与える演奏のつくりかた
-

Copyright© 【弦楽指導者アカデミー】練習が楽しくなる身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.