指を開く逆転の発想(指板で指をひらけます!?)

突然ですが、指をつまんでひねってみましょう。指が自力ではできないようなひねり方ができます。

ひねっておいた指を、離してみましょう。指が本来の弾力性を生かして、自由に動ける場所へ戻っていきます。

これが、指を開くヒント《逆転の発想》です。

指で指板に触れて、それから、指が開くように他の指・手首・肘・肩がちょっとずつ動いてやれば指を開くことができます。

これを、やりたいリズムで右手と連携しながらやれるようにしていきます。

実はすべてのフィンガリングのトレーニングは、このように考えて行うことができます。

楽器、とくに、弦と指の関係を作るためには知っておいてよい考え方です。

Posted from するぷろ for iOS.


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする