清宮幸太郎さんのスイング、股関節にホレボレ

バイオリン応援団☆いちろーたです。

昨晩(2017.9.22)のこと。
夕食を終えた後につけたテレビに目を奪われました。

なにかと思ったら、清宮幸太郎さんが打席に立ってホームランを打った時のバットスイングでした。

僕の目が最初に止まったのは、股関節でした。
バットでもなく、腕でもなく、目線でもなく、頭と首でもなく。

股関節が球状であることを思い出させてくれる、なめらかな動きだったのです。
3年前との比較も放映されました。
まったく違う動きをしていました。

こうなってくると、清宮幸太郎さんがバットを振るときに、どんな意図・思考によってその動きを作っているのかが気になるところです。

「世界一のホームランバッターになる」という彼の今後に注目していこうと思います。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス