練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

楽器の要らない構え方トレーニング

楽器を「構える」ための方程式【ばよラボ通信】2015-01-04

更新日:

バイオリン応援団☆いちろーたです。

楽器を構えるとは、何をすることでしょうか?

楽器を構えるということは、どういうことでしょう?

バイオリン奏者とビオラ奏者からは、
おそらく似たような答えが返ってくることでしょう。

「バイオリンを構える」=「ネックを下から上へ押しあげる」+「指で弦を押し下げる」

「バイオリンを構える」=「楽器をカラダに置く」+「演奏の必要に応じてカラダを動かす」

などなど。

二胡や、ガンバや、チェロではどうでしょうか?

コントラバスでは、どうでしょうか?

楽器を構えるとは、何をすることでしょうか?

演奏中に、楽器をどう扱いますか?
その動きのことを、どう言いあらわすことができますか?

「楽器を構える」を言い換えることができます。

「○○を××する」

あるいは、

「○○を〜〜する」

「●●を**する」
の合わせ技だといえる

などなど。



こうして見つけた組み合わせのなかで、

変えられるものは何でしょうか?
変えられないものは何でしょうか?

変えられるものを変えたら、どんなことがわかるでしょうか?

変えられないと思うものを、あえて、変えると何がわかるでしょうか?

文章が出来上がったら、どうぞメールで送ってくださいね。
私が気がついたことを返信します。

さあ、楽しい探求の始まりです!

-楽器の要らない構え方トレーニング

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.