ギュウギュウの満員電車で呼吸のトレーニング

呼吸は、バイオリンを演奏する人にとって、もっとも軽視されがちな活動のひとつです。

呼吸法を授けてくれるバイオリンの先生が少ないのも事実です。

バイオリンの練習とは関係ない時間を使って、呼吸に意識を向けて見る時間を作ってみませんか?

そこで、今回は、
本もスマホも読めない満員電車でできる
呼吸のトレーニングを紹介します。

i'm still breathing

自分が、どこから押されているか、発見しましょう。

どこから押されているか、
どこへ押し返しているか。

これがはじめの一歩。

つぎは、
押し返すのをやめてみましょう。
押されたら、そのまま押されっぱなしになりましょう。

ほかの人に、押された力をそのまま伝えることになっちゃうかもしれませんが、
わざと押すのではありません。

押されたから、逆らうこと無く、押されたままでいるだけです。

……

では、自分の呼吸はどうでしょうか?
まずは、吐くときに注意をはらいましょう。

吐くとき、どこが、どううごいているでしょうか?
動いていないのはどこでしょうか?

動いていない場所も、吐くことに協力できるとしたら
どんな吐き方に変わるでしょうか。

☆おまけ☆

吐ききると、吸うことは自動的にカラダがやってくれます。
ギュウギュウに押されている状態でも、
どうにかして肺に空気が入ってくるようにできています。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする