「つくか、つかないか」……はじめての《半音》と《全音》

ぼくがバイオリンを習い始めてまもない高校1年生の夏のある日、
Kセンパイが、こういいました。

「よくおぼえておけ、いちろー!」
「はい、センパイ!」

「音階には《半音》と《全音》があるんだ。
バイオリンだと、《半音は指をつける》《全音は指をはなす》
はじめはそれだけおぼえろ!」

「はい、センパイ!」
(よくわかんないけど、とりあえず返事)

《半音は「つける」、全音は「はなす」》

いまでも、この教えが役にたっています。

《音程》と《指の動かしかた》の関係を
「どううごかせばいいかわかる言葉」で教えてもらったのです。

あまりにもわかりやすかったせいでしょうか、
Kセンパイの熱い励ましの声と、白い開襟シャツの制服姿が脳裏に焼き付いています。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする