バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

教師が生徒に相対するとき大事なのは、急所を自覚するきっかけを与えること

2015/03/15

今日(昨日)のレッスンから。

教師が生徒に相対するとき大事なのは、急所を自覚するきっかけを与えること

そのためだったら、本人の認識している世界観を尊重しまくる

とことん寄り添うことで、「あれっ?もしかして、これって何かがおかしい。何がおかしいんだろう?」っていうものがその場に醸しだされてきますね。

そんなことを思いつつ、

「いやぁ、学ぶのって、面白いですね!」

と生徒さんとお話したのでした。

小指の探求に始まって、
バイオリンG線のふるえ、
移弦、
ピチカート

などなど探求しつつ

腕の仕組みを調べたり
「演奏するときの動き」を大解剖したり
新しい発見や、いままで知っていただけのことが、できるようになった濃密で納得な2時間でした。

▼美しさとテクニックを同時に磨く《カラダの使い方》
レッスン・お悩み相談会やってます

12月28日(日曜日)は、カラダの使い方教室@新宿・徳絃社↓
http://www.reservestock.jp/page/event_series/8524

12月29日(月曜日)は、冬休み特別講座@府中を開催します↓
http://www.reservestock.jp/events/53566

無料相談会もやってます。
http://www.reservestock.jp/page/event_series/9845


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-レッスン復習ノート, 教えるスキル・指導力アップ