《動き》から演奏を見つめる……BodyThinkingを学びませんか?

BodyThinking受講メモ(Jeremy 2014-08-29)-BodyChanceメソッド(アレクサンダー・テクニーク)の学習メモを兼ねて……

BodyThinkingとは?

BodyThinkingとは、ボディチャンス(アレクサンダー・テクニークの学習スタジオ)の教師養成コースの1課程。

その学習の特徴は、自分のやりたいことをやるために、「動き」を観察し、言葉で言いあらわせるようにしてゆくことにあると、わたしは思います。

レッスンなど指導の現場では、時として困ったことが起きます。

何が困るかというと、カラダの動きって、人によって言いあらわしかたがぜんぜん違うんです。

《動きの語学》としての《解剖学》

オクターブの重音(ダブルストップ)を指導するにしても

「指をもっと伸ばして」
「指をもっと開いて」
「なんで届かないの?」
「もっとしっかり押さえて」
「手首を伸ばして」
「指をもっと曲げて」
「ヒジを中に入れて」
「楽器を下げないで」

ポジション移動や移弦が関わってくると、ますます混迷の度合いが増すこともありますね。

「ヒジから動かして」
「指は次の音のギリギリまで残して」
「親指が先にうごいて」
「楽器をしっかり持って」

……身振り手振りがついていればなんとかなるかもしれませんが、これだけを読んでも、何をどうしたらよいやら。

生徒さんが自立することを助けるには?

あとから思い出した時に、役に立つ場合もあるかもしれませんが、多くの場合は

「あれっ?あの時はできたのに、またできなくなっちゃった」
「先生の前ではできるのに、どうして一人になるとできなうなっちゃうんだろう?」

これでは、困りますよね。

教えるということは、先生なしでもやっていけるように、生徒さんの力を育てることであるはずです。

であるならば、生徒さんが自分自身で、ひとりになったときでも使えるような「言いかた」を、教師(コーチ)と生徒が協力しあって、見つけ出して行くことが大事だと思うのです。

だからこそ、言葉づかいに気を配る必要があるのです。

再現性の高いアドバイスを授けるための道具として、言葉による指示(方向性を示す、指導=Direction)は有用であり、大変強力です。

「動き」を述べるための道具として、体系が確立・普及しているといえる解剖学を借りています。

そうした指導をできるようになるには、動きを見つめ、どう動けばいいかを的確に言いあらわす訓練が必要です。

これこそが、BodyThinkingで学んでいることの、大きな意味です。

11895982243_35da35c1af_z

BodyThinkingコーチ資格取得に向けて……

この日は、BodyThinkingを学ぶ2年目の生徒さんたちを中心に、認定コーチ資格取得のための筆記試験がありました。わたしも受験者の一人です。

どんな試験だったかというと、問題文をここには書けないのですが、設問の狙いをわたしなりに言い表してみると……

――「動き」を説明するための言葉づかいを理解しているかどうか

ということが問われていたように思います。

BodyThinkingコーチが教えること

さて、こうした知識を活かして、どんなコーチングができるかというと、

・クライアントの「やりたい演奏」についてヒアリングし
・じっさいに演奏する様子を観察し
・《動きの滞り》から、テクニックやカラダの動きに関する勘違いを見つけ
・勘違いに基づく習慣や技術をアップデートするための実験プランを作り
・実験から新たな情報を得て「やりたい演奏」への新たな練習計画や技術を獲得する

といったことができるようになっていきます。

BodyThinkingワークショップを計画中です

2015年1月〜2月ころに、こうした手法を学べるBodyThinkingワークショップ(5〜6時間程度)を、弦楽器奏者そして指導者向けに行う予定です。

なお、2014年9月から、BodyThinkingで学んでいることをはじめとする、アレクサンダー・テクニークの教師養成課程で学んでわかったことを盛り込んだグループレッスンを試験的に始めます。わたしの学習も兼ねていますので、モニター受講料金としてお安くなっております。

いっしょに学びましょう!

グループレッスン開催にご協力くださる受講者を募集しております。

また、BodyThinkingワークショップにご興味のある方は、お気軽にお問合せください。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール