日常生活にひそむクセを見破る『観察』スキルを磨こう

2014/03/24

前に書いた記事『左右を入れ替えて楽器をひく』に、解説を加えてみることにします。教えるときに大事な「観察」、自らを上達させるときに大事な「観察」に関わることです。

ふつう、ヴァイオリンをひく場合、バイオリンは左手に、弓を右手に持ちます。

 これをあえて、入れ替えて持ちます。
左右を入れ替えて楽器をひく

ふつう、ヴァイオリンをひく場合、バイオリンは左手に、弓を右手に持ちます。これをあえて、入れ替えて持ちます。

二胡ならば、弓を左手にもとうとすると、いったん弓を楽器からはずす必要があるかと思います。

では、なぜこんなことをするのが役に立つのでしょうか?


Two Brush

キーワードは、学習と習慣です。
身近な生活習慣のなかにも、学習して身につけた「習慣」や「技術」という名のクセがひそんでいます。

この記事『左右を入れ替えて楽器をひく』を参考に「クセ」を見つけてみてくださいね。

クセから抜け出すための第一歩は、
クセに気づくことだからです。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教えるスキル・指導力アップ