「なんで私だけ?」「なんでこんな目に遭うの?」自分のやっていることをわかっていない人(お正月・特別に長いロングバージョン)【ばよラボ通信】2015-01-02(その4)

もしもあなたが、上達したいのに、上達への行動を選ばずにいるなら、
あなたも「酔っぱらい」のひとりです。

「なんで私だけこんな目に遭うの?」
「こんなに努力してるのに、どうして報われないの?」

と思ったことはありませんか?

これも「酔っぱらい」だからです。

「酔っぱらい」は、みんな
「自分がやっていることをわかっていない人」なのです。

前後の見境がなくなるのが酔っぱらいです。

自分が何をやっているかわからない

”なぜそんなことをしてしまうんだろう?”
”なぜこんな目にあってしまうのだろう?”
と思いたくなるのは仕方ありません。

だって、「自分が何をやっているかわからない」からこそ、
「なんでそんなことしちゃったの?」
「なんでこんな目に遭うの?」
ということが起こるのです。

誰を責めても、何も生み出せません。

この「やりたいこと」と「ついやってしまうこと」のチグハグな一貫性のなさというのは、
原因を知っただけで解決することは絶対にありません。

絶対に、です。

解決するには、その原因によって引き起こされる、
《自分の反応》を変えることが必要です。

「演奏がうまくいかない」と感じるとき、
自分が何に対してどんな反応をしたことで演奏がうまくいかなかったのか、
詳しく説明できますか?

それを説明できたなら、その演奏はご自分が思っているほどひどい演奏ではないのです。
まわりの人に聞いてみればわかるでしょう。

もしも、ヒトコトも説明できなかったとしたら、
いますぐ「自分が何をやっているかをみつける」を始めましょう。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする