和声を嗅ぎ分けるシンプルなトレーニング方法

バイオリン応援団☆いちろーたです。

ボクのバイオリンの師匠が教えてくれたことのひとつに、

「音階練習は《根音》を鳴らしておいてやりなさい」

ということがあります。

《根音》を鳴らしておいて、
その響きのなかで、音階をひく。

それだけです。

毎日欠かさずやってみようと決めて、1年くらいたったときの室内楽の演奏会で、
セカンドバイオリンの首席奏者さんから

「きみ、和声感がすごくいいね」

と言われました。

あまりにもサラリと言われたので、そんなにいい感じだったのかなぁ?
と実感が湧かなかったんですけど

どうやら、その音階練習が効いていたようです。

なぜ効くのか。
それがわからなくても、効き目はあります。

それが、教わったことを《そのまま》やってみることの凄さです。

《そのまま》とは、
言葉通りに動いてみるとうこと。

自分の価値判断は、行動した後に使いましょう。

行動するときには、教わった時の言葉をそのままやってみる。
そのあとで、何が起こったのかを思い出せばいいのです。

★もっと探求したい人へ

《属音》を鳴らしておいて、音階練習をする……

《下属音》を鳴らしておいて、音階練習をする……

さて、どんなことが起こるでしょうか?


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする