練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

ボクの体験談

「カラダの使い方を磨く副作用」

投稿日:


いちろーたです。
やりたいことがやれるようになってしまうと何が起こるか。

「やりたい音楽」が底の浅いものだと、そのままそれが出てきます。しかも、「やりたい音楽」を表現するテクニックが稚拙だと、そのテクニックがそのまま使われます。テクニックを磨きたくなるか、うんざりして投げ出すか。音楽の目的が明確になることもあれば、かえって見失うことにもなりかねない。

こんな具合だから、「やりたい音楽」を「何としてもやりたい」という情熱のあるかないかと向き合うことが求められます。

まあ、これは僕がそういうところといつも向き合っているというだけです。

それでも、音楽を手放すつもりはいまのところないですよ。

※写真はこないだ通りかかった京王多摩センター駅改札口の天井

バイオリン応援団☆いちろーた


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-ボクの体験談

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.