レッスンあるある大辞典(1)「バイオリン応援団☆いちろーたの口ぐせ編」

たまには宣伝ぽいことを書いてみようと思います。

バイオリン応援団のレッスンあるある「いちろーたの口ぐせ編」

あるある1「何をやりたいですか?」

レッスンのはじめに……「何をやりたいの?」
レッスンのはじめの決まり文句。生徒さんが黙ったままでいると、いちろーたは「じゃあ、今日はこれで終わりにしましょう」と言い出します。
レッスンの途中で……「何をしようか?どうしようかなぁ」
レッスンの途中で、いちろーたが(どんなことを試そうか)と選んでいるときに、こんなことを自分に向かってつぶやいていることが多いです。

あるある2「答えを教えてくれない?!」

 生徒さんが「○○なとき、どうしたらいいんでしょうか?」と問いかけても、いちろーたは「どうしたらいいんでしょうか?いっしょに考えてみましょうか」と言うことがほとんどです。

 あるいは、「○○って、どういうことですか?」と生徒さんに聞き返してしまうこともあります。

あるある3「それを、他の言いかたで言ってみるとどうなるかな?」

あるある4「それは、誰が言った言葉ですか?」

あるある5「そのことを、あなたの意見として言ってみるとどうですか?」

 ほかにも、レッスン中に口癖のように繰り返していることがあるかもしれません。生徒のみなさん、「いちろーたさんは、こういうこともよく言っていますよ!」ということがあったら、メールでお知らせくださいねヽ(^。^)ノ


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール