バイオリンレッスンのお悩み相談室

学ぶよろこび、演奏する気持ちよさを取り戻そう!カラダが痛む、構えが崩れる、良い楽器なのに響かない、会話がかみあわない等……演奏とレッスンにまつわるお悩み解決のヒントとコーチングをお届けします

序文《ヴァイオリニストのための動きの解剖学》とは?

2017/06/02

解剖学ってなに?

 ヴァイオリニストが演奏するときの体の動きを考えるときに、知っておくと良いことがあります。

 そのうちの1つが「解剖学的な見かた」です。解剖学(かいぼうがく)というと、なんだか難しそうですね。解剖学というのは、簡単にいうと体の仕組みを説明するための言葉づかいの決まりごとを集めたものです。

ヴァイオリニストのための動きの解剖学とはなにか

 では、《ヴァイオリニストのための動きの解剖学》はなにかというと「ヴァイオリンを演奏する人にとって、演奏するための体の動きをわかりやすく説明しよう!」「ヴァイオリン演奏のコツを誰でもわかるような言葉で説明しよう」という私・いちろーたの決意表明なんです。

 このシリーズバイオリニストのための《動きの解剖学》では、いろんな教則本やビデオ教材・レッスンの現場などで語られていること……いってみれば奏法についてのコツ……を伝授するためにどう言い表せば分かりやすいのか、誤解されにくくなるのかという点から探求して書いてみようと思っています。

 ぜひ読んでくださった皆さんからご意見を頂きたいと思っています。たとえば「この記事をよんだら、こんな場面で役に立った」とか、「次はこんな問題について書いて欲しい」といったお声を歓迎します。このシリーズを書き進めながら、一緒に考えてみませんか?ご意見はお問合わせフォームを使ってお送りくださいね。


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-バイオリン奏者のための「動きの解剖学」