弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

【参加者の声】結果的には弓のコントロールができてしまう手段を学べた(バイオリン 匿名希望さん、男性)

2017/09/16

2016年2月11日 「音がときめくボウイングの魔法セミナー」に参加して、私はこう思った

バイオリン 匿名希望さん(男性、会場で参加)の場合

□この講習会に参加する前に抱えていた問題点や悩みは何ですか?
→「テヌート←→スピッカート」「テヌート←→ソティエ」などの切り替え。
 腕の重さをいかに利用するかなど。

□この講習会に参加して解決できた問題点や悩みは何ですか?
→弓の動きの方向性や、弦との接地を意識することで、結果的に弓がコントロールできるひとつの手段になる。
 解剖学的な手のイメージができた。


構えを変えて思い通りに演奏できるようになる
『バイオリン応援団通信』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声