弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

「ひとりでも再現できるやり方を教えてもらえました」(Kさん、バイオリン)

2017/09/16

楽器の構え方、持ち方について、
「初めに何を意識して、どうしようとしたか」
が大事だと、実際に体の感覚を確かめながら教えてもらいました。

家に帰ってから楽器に触ってみると、今までの自分の構え方に戻ってしまったので一瞬がっかりしましたが、レッスンのときに教えてもらった、体の動ける場所のことや、言葉で覚えたことを思い出してやってみました。

教えてもらった通りの手順をやってみると、それまで自分では気付けなかった、余計な動作や、必要ない力、意識に気付いて、体が楽に感じられました。

遠いのでなかなか通えないのですが、ひとりでもできるんだ!ってわかってうれしいです。
(Kさん、バイオリン)


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声