弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

【参加者の声】「音程や音楽性ではない、それ以前の楽器と体の関係について教えてもらえる」(バイオリン E.T.さん、女性、インターネット視聴)

2017/09/16

2016年1月30日 「音がときめく肩当ての魔法セミナー」に参加して、私はこう思った

バイオリン E.T.さん(女性、インターネット視聴)の場合

「ネット講座視聴できました。ありがとうございました。」

□この講習会に参加する前に抱えていた問題点や悩みは何ですか?
→腕と肩の痛み。ヴィヴラートがうまくできない事。

□この講習会に参加して解決できた問題点や悩みは何ですか?
→前にレッスンしていただいたこととおそらく一緒かなと思ったので、
復習のつもりでした。

□ほかの教室やレッスンとは、どんな違いがありましたか?
→音程や音楽性ではない、それ以前の楽器と体の関係について
教えてもらえるところ。

□いちろーたは、どんな人でしたか?どんな教え方でしたか?
→「こうしなさい」ではなく、こちらの考えや思っている事、気づかなかったことまで
時間をかけて引き出してくれました。

□この講習会への参加を迷っている方に、どんな言葉をかけてあげたいですか?
→一度でもレッスン受けたら変わります。本当に。レッスン受けてください。
悩んでいる時間がもったいないです!!


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声