【体験レッスン参加者の声】Iさん(二胡、笛子)

 体験レッスンに参加してくださったかたのお声をご紹介します。

Q. 今回のレッスンで「これが役に立った!」「なるほど、これは気に入った!」ということはどんなことでしたか?

 腕の始まりが鎖骨にあること……これを意識して弓を引く・押すことで、音に広がりができるということ。

 笛の場合、最初に構える時(下から口の高さまで上げる時)、体に負担を与えない・ねじれないですむように(体はそのままで、腕で持ち上げる、頭の向きを変える)ようにする

 「緊張は《緊張》という言葉で片づけているが、《興奮》しているのかもしれない」……なるほど〜。今後楽しくて体が興奮している、この一期一会の場をたのしまなくっちゃ!と思うようにしてみます。

(2014年3月14日、徳絃社「弦楽器奏者のためのカラダの使い方」レッスンにて)


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする