弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

【生徒さんの声】2013年8月度・個人レッスン受講、チェロYさん

2017/09/16

 今月、個人レッスンを受講してくださったYさんから、感想文をいただきました。匿名でしたらぜひ掲載してください、と許可を頂きましたのでここにご紹介させていただきます。

 Yさんは、チェロ教室で先生に教わりながら、小グループでのアンサンブルを楽しんでいらっしゃいます。

写真。チェロのボウイングの探求をする様子

2013年7月度グループレッスン会から(右:F.Aさん)

チェロ、Yさんの個人レッスン感想文

いちろーた先生(と御呼びしていいですか?)
今日は ありがとうございました。

初めての個人レッスン(@∇@〃)

嬉しさと緊張。(←通例なら カチカチに固まってます(笑))
聴いてもいいかな?を気にせず どしどし質問できる♪
周りを気にせず 間違ってもいいし ヘンかも知れない事を言える!
そして 弦楽器奏者である 先生のレッスン♪

最初は 1曲弾いて レッスンして頂こう。とか あれ出来ないな~。とか考えてました。
ですが お会いしたら もう頭の中がごちゃごちゃに。

そんな中 先生が 一つ一つ選んで下さって。
それでも 質問の洪水でしたよね(笑)
自分でも そんなに 覚えていられるのか??と
持ち切れない 宝物に右往左往 する感覚。

でも きっと 身体は覚えていてくれる。
頭も 引出しに入れてくれてる(多分^^;)

何より 印象に残っているのは 「弓」
初級の私には ‘遠く奥深い難しさ‘ を感じさせられつつ 
壁に凹まないでいられたのは
まず何が試せるのか を教えて頂けたからだと思う
無理のない手の動かし方
エクササイズ、いかにその力を得るか etc・・・。

先生のチェロを弾いている時の 身体の動き
どんな風に 自分に響いてくるだろう・・・

ありがとうございました
また お会いする日を楽しみにしています!

いちろーたからのお返事

 質問いただいたら、その分ぜーんぶお応えしたいと思ってしまって、盛り沢山にしてしまいました!細かいことはメールをさし上げましたので、ご覧いただければ。あと、今日の【スタッカート】から思い出したことがあって、ブログ記事をひとつかきました。内容はバイオリンのボウイングのことですが、チェロでも同じようなことがいえます。ご参考までに。 →→ バイオリン奏法ガイド〜弓づかいアレコレ辞典(!?)

ぜひ一度お試しになってみませんか?

>>レッスンの説明・日程などを読んでみる<<


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声