バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

【ばよラボQ】ViolinMuscle-Arm9. バイオリンに一番近い筋肉・解説編9(上腕骨を動かす筋肉たち)

2015/12/17

わたしたちが動けるのは、筋肉が骨を動かしてくれるからです。

でも、筋肉がやっているのは、自分自身を縮めることです。
骨の役割は、筋肉が縮む力を、運動に変換することです。

このことはすごく大事なのです。

・・・

前回は、指の動きは上腕骨が土台・起点だというお話と実験をしました。

「では、その上腕骨はどうやって動けるんだろうか?」

今回は、この疑問への答えを探すべく
上腕骨に関連する筋肉を調べていきましょう。

上腕骨を動かす筋肉はいくつある?

上腕骨に停止している筋肉は9つ……

・烏口腕筋(うこうわんきん)
・肩甲下筋(けんこうかきん)
・大円筋(だいえんきん)
・棘下筋(きょっかきん)
・棘上筋(きょくじょうきん)
・小円筋(しょうえんきん)
・三角筋(さんかくきん)
・広背筋(こうはいきん)
・大胸筋(だいきょうきん)

この9つの筋肉が、上腕骨を動かすための筋肉です。

そういえば、親指を動かす筋肉も9つでしたね。
9というのは動きのマジックナンバーだったりして……

さて。

上腕骨の筋肉は、どこからやってくる?

上腕骨の動きの土台はどこにあるのでしょうか?
それぞれ9つの筋肉の起始がどこにあるか、確かめておきましょう。

烏口腕筋(うこう・わんきん)
……起始:肩甲骨の烏口突起

肩甲下筋(けんこう・かきん)
……起始:肩甲骨の肋骨側面

大円筋(だいえんきん)
……起始:肩甲骨の外側縁、下角部

棘下筋(きょくかきん)
……起始:肩甲骨の後面下部(棘下窩)

棘上筋(きょくじょうきん)
……起始:肩甲骨の後面上部(棘上窩)

小円筋(しょうえんきん)
……起始:肩甲骨の後面、外側縁部

三角筋(さんかくきん)
……起始:鎖骨の外側、肩甲骨の肩甲棘・肩峰

広背筋(こうはいきん)
……起始:肩甲骨の下角、第6〜第8胸椎・腰椎の棘突起・腰背腱膜腸骨稜、第(9)10〜12肋骨(胸腰筋膜)

大胸筋(だいきょうきん)
……起始:鎖骨内側、胸骨外面と上位肋軟骨、腹直筋鞘前葉の表面

思ったよりたくさん出てきました(^o^;)
整理しますね。

上腕骨に停止する筋肉の一覧

《上腕骨に停止する筋肉たち》の起始を一覧にすると、こんな感じです。

・肩甲骨(いろんな場所。上下、内外、いろんな出っ張り部分)
・鎖骨(外側と内側)
・胸椎(第6〜第8)
・腰椎
・腰背腱膜腸骨稜
・肋骨(第10〜12、または第9〜12)
・胸腰筋膜
・胸骨
・肋軟骨(上位)
・腹直筋鞘(前葉の表面)

これらは、大雑把に言うと、胴体を形作るものです。

上腕骨の動きは、胴体のいくつもの場所が土台になって、
左右それぞれ9つの筋肉が作っているんですね。

骨や筋肉は、一度でいいので
骨の名前や、筋肉の名前をインターネットで検索してみましょう。

・どんな形、大きさをしているか
・カラダのどのあたりにあるのか

がイメージしやすくなります。
ぜひ、検索してみてくださいね。

いまは、スマホやタブレットなどで
解剖学を学ぶ人向けの優れたアプリもあるようです。

いいのを見つけたら教えて下さいね。

筋肉や骨の名前ばかり並んでしまいましたね。
今回はこのくらいにしておきます。
では、また次回!


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-Violin Muscle-Arm