生徒さんの声:「どうしてもできなかったスタッカートができた!チェロの先生にほめてもらえた!」

 チェロYさん2回目のレッスンを終えて、10日が経った頃にメールが届きました。

 ご本人からオッケーもらえたので、メールをご紹介します。

あの後の日曜日に Celloのレッスンがありました。

中々 スタッカートは 上手くいかず 自宅でまぐれにも出来ない。
教わった色んな事を試し まず基本の曲を速弾きしてみたり・・
そんな中 愛ウサコが旅立ってしまったりで 練習時間も少なめ(>_<) こんな状況で 当日 「留まることなく スタッカートの練習曲が弾けたんです!!」 まぐれどころか あり得ない。 自分が一番びっくりしました(@∇@;)!代わりに誰かが弾いてくれた!? スズキの練習曲も 今までとは違う指摘を受けたので  もの凄く テンション上がりました。 いちろーた先生とのレッスンテープを 何度も聞きながら ひどい演奏だな~。 と凹み。 こういう 練習をしてみる。試してみる。 まだまだ 沢山の事に気づいていない自分ーを知り。 もっともっとと 欲深くなる 小さな私を どこか可笑しく 愛おしく思います。 「~あるべき。~でなければならない。」私の中にあるそんな縛り。 近頃は 子供の様に 無邪気に 楽しんで良いのだと思い始めました。

「スズキの練習曲」

 全音 チェロ教本(全8巻の主な収録曲紹介) Pizzicato – 弦とアクセサリのインターネット通販ショップ


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール