練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

受講生の声

「夏になると悪化するあごのアザ。身体の使い方で予防したい」

更新日:


バイオリン応援団☆いちろーたです。

あごあても肩あてもイロイロ試したけど改善できない。今のうちになんとかしたくて……という方がレッスンに来てくれました。

肩あてを楽器にどう取り付けるか
肩あてを身体のどこに当てるか
楽器をカラダに乗せるって、どんなことなのか

何が必要か
今までやっていたことのうち、不要なことは何か

ということを、チェックしていってできあがった新たな構え方は「バイオリンは《この辺り》に居てくれればいい」

この構え方を試そうと決めた途端に、いろんな動きが変わり始めました。

構える姿、楽器から出てきた音、その感想を語る顔の表情。すべてに喜びが満ちているようでした。

「今まで、こんなに楽しいと思ったことないです。帰ったらすぐにでも練習したい!」と仰っていました。

その人の今までの取り組みが活きる、新たな構え方を一緒に作っていくレッスンをやってます。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.