弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

【ダンバウ】「初めて見るような楽器なのに、いろいろ教えてくださってありがとうございました」

2017/09/16

 初めて見るような楽器を持参したにもかかわらず、いろいろと教えていただいてありがとうございました。

 いまはレッスンを受けた直後なので、まだどうかよくわかりませんが、帰宅後の練習で、教えていただいたことを思い出してやってみます。

 「ダンバウ」ってご存じですか?ぼくは、このレッスンの時に初めて拝見しました。

初めて見る楽器でも、体の使いかたのポイントは人類共通です。お気軽にご相談くださいね。

ベトナムの一弦琴。
右手は指で弦に触れて、弦長さを分割(ハーモニクス)しながら弦をはじく。左手は垂直に伸びたバーで弦の張力を変える。 他に類を見ない特別な演奏方法だ。
ハーモニックスで音を出すため音量はすこぶる小さい。 だけども、ダンバウは元来「神様」や「恋人」に思いを伝える道具であるとのことで、聴衆の面々に音楽を聴かせる楽器ではなかったようだ。だから音は小さくていい。小さな音で祈るということかな。私家版 楽器事典/世界の楽器


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声