練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

受講生の声

「ベクトルに分解して考えるアプローチが気にいった」Y.Tさん【弦楽器奏者のためのカラダの使いかたセミナー受講者の声】

更新日:

2016年7月29日〜30日のサマーセミナーに参加して感じたこと

 大阪での開催だから参加しようと思った。

 楽器のかまえる場所が定まらない、黒服での楽器がうまくかまえられない、弓を持つ指の汗で弓がすべる……こういうことで困っていた。

 楽器の構え方をチェックする基本的な考え方の理解ができた。機能・目的に合わせて、楽器・弓に接する場所を考えることが役に立ちそう。理屈で考えたい人におすすめだと思う。

 特に、ベクトルに分解して考えるという考え方は気に入った。

 すぐに役立てるかはわからないですが、たくさんの気づきがありました。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.