練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

ボクの体験談

ひたすら観察しつづけると何が起こるか?

更新日:

バイオリン応援団☆いちろーたです。

「ひたすら観察し続けると、何が起こるか」

これは、観察し続けた人には、わかってもらえることなのですが……

「いつ何を観察していたか」が、わかるようになります。
「いつ何を観察していなかったか」も、わかるようになります。

観察とは、情報を集めることです。
集めた情報にどんな意味があるかを考えることは、分析であり、観察ではありません。

観察の後に分析をしましょう。
分析の後に新しい観察を始めましょう。
こうして、行動を続けましょう。

あなた自身が何をやっているかをわかるための一歩を観察によって踏み出しましょう。
そして、行動し続けるために、観察と分析を使いましょう。

観察をするには、具体的に何をすればいいでしょうか。

「見る」ではなく、「何が見えているか」を問いましょう。

「聴く」ではなく、「何が聴こえているか」を問いましょう。

これが、演奏を生まれ変わらせるための、新しいツール「観察」の使い方です。

観察とは、あなた自身への問いかけです。

いま、何が見えていますか?
いま、何が聞こえていますか?

浮かんだ答えを、声に出しましょう。
浮かんだ言葉を、紙に書き取りましょう。

これが、新しい探求の始まりです。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-ボクの体験談

Copyright© 弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.