「なぜ、ぼくはぼくのレッスンをするのか」

「楽器の先生のレッスンと、いちろーたのレッスンの違いって何だろう?」

楽器の先生は、音楽のために楽器をどう扱えばいいかをレッスンしてくれます。

そして、その教えには、「音楽のために、どんな音を紡げばよいか」ということをも含むこともあるでしょう。

では、わたくし・いちろーたは、いったい何を教えているのでしょうか?

_5D_4072
2014年4月1日(火)開催 フューチャーセッション 『オーケストラ、ホールによる教育プログラムの未来』の参加者と作り上げたボード

楽器を扱うことを通して、
音楽を奏でることを通して、

”自分の体のことを、どう扱うことができるのか”
”自分の思考を、どうカラダの動きに反映させているのか”

を見つめることで、行動の質を向上させていくことができるということ。

そして、それをどうやればできるようになるのかということ。

わたくし・いちろーたがやろうとしているのは……「教え方の教えかた」を広めてゆくことであり、それはわたくし自身の「学び方の学びかた」を深めるというなのかも知れません。

このテーマについて、興味のあるかたは、バイオリン応援団*いちろーたのFacebookページにコメントを下さい。
お返事いたします。

_5D_3517


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする