【右腕・ボウイングの脱力】ペンでできる3分間エクササイズ・3つのポイント(バイオリン向け)

脱力したい・させたい人にこの記事を贈ります……

 「親指が痛くなる」「小指がつっぱる」「前腕が痛くなる」「指弓ができない」「スタッカートの切れが悪い」「トレモロが続くと力が入っちゃう」などなど、脱力したいのにできない……ということってありますよね。

 今回は、「とにかく脱力したい」「疲れない持ち方をマスターしたい」という声にお応えしてきた、私のレッスンで実績を出してきたやり方をご紹介します。

まずは、実験してみましょう

 ペンを用意します。ある程度の長さのある鉛筆でもオッケー。

 用意したペンを、弓を持つ側の手で持ちます。(多くの人は弓を右手で持つでしょうから、以後の説明は、右手にペンを持っているとして説明します。)

 これで準備完了。実験を始めます。

実験1「絶対に動かないように持つ」
ペンを右手に持ったまま、左手でペンを抜き取ります。
*このとき、「絶対にペンを抜き取られないように」右手でペンを持っていてください。
実験2「抜き取られてもいいように持つ」
ペンを右手に持ったまま、左手でペンを抜き取ります。
*このとき、「ペンを抜き取られてもいいように」右手でペンを持っていてください。
実験3「ペンについていくように持つ」
ペンを右手に持ったまま、左手でペンを抜き取ります。
*このとき、「ペンについていくように」右手でペンを持っていてください。

解説動画


【バイオリン応援団】右腕・ボウイングの脱力エクササイズ【実演と解説】 …… を YouTube で見る

実験を振り返りましょう

 3つの持ちかたには、どんな違いがありましたか?

 持っている時の、体の動きやすさ、呼吸のしやすさ、ペンを持つ手の疲れ具合、楽しかったか苦しかったか……3つのやり方を上・中・下でそれぞれ評価すると、どの持ち方が高評価になりましたか?

 どの持ち方が好きでしょうか?弓を持つとしたら、どの持ち方で持っていたいですか?

「脱力」3つのポイント

 ひとつお聞きしましょう。先ほどの実験ではペンの持ち方を3種類試していただきました。みなさんが、普段、弓を持つときの持ちかたに近いものはどれだったでしょうか?

 なぜ、理想の持ち方ではない持ち方をしてしまうのでしょうか。脱力した持ちかたをするために、何が必要かを紹介しておきたいと思います。

持つためには力が必要
弓を持つためには、力を使う必要があります。力を完全に抜いたままで、弓を持って動かすことができるでしょうか?……不可能ではないかもしれませんが、弓を動かすためには力を使わないでいるのは、諦めたほうが良さそうです。
音を出すとき、重さは弦が引き受ける
音を出すとき、弓の重さは弦が引き受けてくれます。弓の毛を弦にのせて、全部預けてみましょう。このとき、もしも、弓の重さを手で全部持ちあげてしまったら何が起こるでしょうか?弓が弦から浮き上がります。……「脱力ができない」と悩んでいる人の多くは、弓を弦から浮かせておいて、なおかつ、自分の手のチカラで弓を弦へ押し付けています。そのために、せっかくの弓の性能が活かせなくなっていて、弓がしてくれるはずの仕事を、ぜんぶ自分の手と腕だけでやろうとして過労しているのです。いますぐ、弓を弦に預けてしまいましょう。そう、弦にのせてしまえばいいんです。あとは弦と弓がやってくれます。
手はバランスを調整する
手はバランスを調整します。弓の重さを弦に預けっぱなしで音を出していると、弓元にきたときは弓先側が床へ向かって落ちていこうとします。弓が弦の上に居続けられるように、手で弓の動きを作りかえていきます。指だけでなく、肩や腕など、体全体がこのバランス調整に関わっていくことが大切です。でも気をつけてください。あくまでも、弦と弓は《自分たちで関係性を調整する働き》をもっています。手は、弦と弓の動きを尊重しましょう。

ワークショップのご案内


 上達のヒント・楽しみを深めるヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

上達を目指すあなたに贈る無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール