バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

メルマガ形式の新しいレッスン【バイオリン奏者のためのカラダの使い方】を読んでみませんか?

2015/03/15

バイオリン応援団が新しいメールシリーズを始めました。

《バイオリン奏者のためのカラダの使い方・無料メールレッスン》です。

新しいメールシリーズ、全4回のタイトルを紹介しましょう。
みなさんのお役に立ちそうかどうか、読んでみませんか?

=======
<レッスン目次>

 レッスン1:楽器の持ち上げ方に気をつけよう
 レッスン2:弓の動かし方に気をつけよう
 レッスン3:左手指、弦の押さえ方に気をつけよう
 レッスン4:バイオリンの先生が誰も教えてくれない!カラダの超重要パーツ「○○○」に気をつけよう

<購読者特典>
 ・ワークショップ、特別レッスン会などイベント開催のニュースレター配信
 ・上級レベルのメールレッスンへのご招待

【バイオリン奏者のためのカラダの使い方】
メールレッスン……レベル1(購読無料)の登録をする
http://ezps-mm.com/neo/usrctrl.php?mag_id=6

=======

次に、メールレッスンの一部をご紹介しましょう!
3分で読めて、1回5分間の自習ができる分だけお見せします。

~~~(レッスン1:楽器の持ち上げ方)より~~~

いったん、バイオリンをテーブルや楽器ケースなど安全な場所に置きましょう。
そして、バイオリンを見てください。

・バイオリンがどれくらい大きなものか
・どんなカタチをしているか

この2つに気をつけてバイオリンを見てください。

この2つに気をつけながら、
こんどはバイオリンを持ち上げるために

・どこに触って持ち上げるか
・バイオリンが自分のカラダのどこに乗って欲しいか

を決めてください。
これを決めてから「持ち上げる」ことへ進みます。

~~~以上(レッスン1:楽器の持ち上げ方)より~~~

こうしたメッセージが、

メールレッスンにご登録いただくと、1週間に1度、
4回にわたって届きます。

購読無料です。
ぜひお読みになって、日々の練習で試していただきたいと思います。

試してみてどんな変化が起きたか、それとも、
読んでみて時間の無駄だったか、

みなさんの本音をお聞かせください。

【バイオリン奏者のためのカラダの使い方】
メールレッスン……レベル1(購読無料)の登録をする
http://ezps-mm.com/neo/usrctrl.php?mag_id=6

みなさんのご登録をお待ちしております。


 演奏を楽しむためのヒントが読めるメール講座を読んでみませんか?
 メールアドレスを登録すると、翌日から毎朝7時にメールが届きます。
 「読んでみたけど、やっぱり要らないな」と思ったら解除も自由です。
 購読メンバー限定のお知らせもお届けします。
 購読は無料ですので、この機会に登録しておいてくださいね。

無料メール講座『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス
受信形式
HTMLメール
文字メール

-教室ニュース