経験ゼロの初心者でもできる音程づくり準備体操《ゼロからはじめるバイオリン・その6》【弦楽サプリ #028】

フィンガリングの2つの面を磨こう!

「音程」と「指の動かしかた」

 まずは、指を動かします。どの弦を、どの指で触るか……これが第一歩です。

 つぎは、弦のどのあたりを触るかによって、音がどう変わるかを調べていく……これだけです。あとは、どんなに上達しても、これを続けるだけです。触るたびに、どんな音が聞こえたかを調べて、次に指を動かす時に活かします。

はじめは「的を大きく」

 はじめは、指が狙う標的を大きくしておきましょう。標的は、2種類あります。1つは音の高さ、もうひとつは、タイミング。

 フィンガリングの、トレーニングは極論すると、ここに書いたことだけといえます。はじめは、おおらかに。徐々に、要求をシビアに、ハードルを高くしていきましょう。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする