弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

あなたに相応しい演奏フォーム、身についていますか?本当はラクで簡単なんです

メール講座で提唱している《奏法リノベーション》とは、演奏に対する意識改革です。

弦楽器の演奏は、本当は簡単なんです。
しかも、とっても理にかなった、自然なカラダの使いかたで楽しめるものです。

弦楽器の演奏は、身体の動きが作ります。

どんなに楽譜を読むチカラがあっても、
どんなに素晴らしい性能の楽器を持っていても、
どんなにステキな音楽がココロに浮かんでいても、

体を動かさなくては、楽器から音を取り出すことはできません。

自然な動きで演奏することが、あらゆるメソッドの目指すところです。
ですが、あまりにも複雑になりすぎていませんか?

本当は、簡単なんです。

右手も、左手も、シンプルな練習法があります。
左右の手の動きを協調させるのにも、シンプルな練習法があります。

どんな難曲・難局でも通用する奏法の基本原理は、自然なカラダの動きと同時に学ぶことができます。

自然な動きをできるようになると……
無理がなくなってゆくので、痛みやケガ・病気に悩まされなくなっていきます。
演奏すること自体が、気持よい運動として楽しめるようになっていきます。
演奏を見ている人にとっては、聞こえてくる音楽そのものに関心が向かうようになります。

   ◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇ ◆

いままでの練習法に違和感があるなら、それはあなた自身からの大切なメッセージ。
あなたにふさわしい奏法を身につけるタイミングは、いまかもしれません。


構えを変えて思い通りに演奏できるようになる
『バイオリン応援団通信』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-バイオリンって最高!