弦楽器奏者のためのやさしい身体の使い方

練習を楽しむコツ、上達に不可欠な心と体のセルフケア。バイオリン応援団☆いちろーたが書いてます。

【参加者の声】あくまでも上達するのは自分(バイオリン S.J.さん、女性)

2017/09/16

2016年2月11日 「音がときめくボウイングの魔法セミナー」に参加して、私はこう思った

バイオリン S.J.さん(女性、会場で参加)の場合

□この講習会に参加する前に抱えていた問題点や悩みは何ですか?
→音が響かない。どうしてもりきんでしまう。

□この講習会に参加して解決できた問題点や悩みは何ですか?
→音が大きくなった!

□ほかの教室やレッスンとは、どんな違いがありましたか?
→感覚的なところにアプローチしていた。
 「どういうふうに考えるか?」から入って答えは教えてくれない(自分で考える)

□いちろーたは、どんな人でしたか?どんな教え方でしたか?
→好奇心旺盛な人。上記と同じ。
 脱線する。

□この講習会への参加を迷っている方に、どんな言葉をかけてあげたいですか?
→思い切って参加してみると良い気づきを得られると思います。
 あくまでも上達するのは自分(のとらえていること、動き)です。


上達を目指すあなたに贈る365のヒント
『奏法リノベーション365』
読者登録フォーム(購読無料)
お名前(姓名)
メールアドレス

-受講生の声