バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

「 言葉の選び方 」 一覧

バイオリンの構え方「楽器が下がる」「楽器をあげなさい」と言われたときのなおしかた

バイオリンの構え方で、 「楽器を下げないようにしなさい」 「楽器をあげなさい」 ...

no image

【親子で学ぶバイオリン】親子で読むメールレッスンただいま準備中!

メールマガジン『親子で学べるバイオリン演奏【自習力を育てるための3つの基本♪】』 ...

no image

実験的な試み……ボウイング類語辞典をつくりまーす!

こんなページを作りました→→擦弦楽器の奏者・指導者のための類語辞典《ボウイング編 ...

no image

【流派を超えて】ボウイングの極意ってどんなものでしょうか?

 私が思うに、ボウイングの極意は「弓の毛を動かそう」と思うことです。もうちょっと ...

no image

柔らかい物腰で、自分の主張をできるようになるには?(文章を書く心がまえはそのまま演奏につながります)

あるジャズベーシストMさんが書いてくれたメールマガジンを読み始めました。 私もメ ...

no image

「自信をもって演奏して」と言われても……(知りたいのは、どうすれば自信をもてるのかなのに)

自信をもって演奏してよ よく耳にするアドバイスです。このアドバイスで、十分に効き ...

slooProImg_20130926101711.jpg

【読書メモ】『奏法と基礎知識が分かる 基本の基本シリーズ バイオリン』〜その1・すぐにできなくて当たり前(好奇心を爆発させるには?)

 今日は、朝からこれを読んでいました。いくつか「その通りだ!」と思ったことがあっ ...

【素朴な疑問】難しい箇所をあっという間にひけるようにするための初心者にもベテランにも共通のコツ!

早く上達したくて遠回りな練習をしている人は多いです。 最初からテンポを速めたり、 ...

no image

指導者なら気をつけたい言葉の選び方〜「○○しかない!」をやめる

 教えるときに役立つ定番テクニックのひとつに「言い換え」があります。でも、あなた ...

no image

「カラダで覚えろ!」とはいったい何なのか。考えてみた。

カラダで覚えろ!  クラブ活動や各種サークル、いろんなところで私が耳にしたことの ...

no image

アレクサンダーテクニークの正しい学びかた(愚痴を前向きに変換するには?)

 本当は「正しい学び方」なんてありません。ただ、「学びたいことを、最大限に受け取 ...