バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

「 チェロ 」 一覧

no image

【弦楽器奏者のお悩み相談室】あなたのビブラート能力が目覚める腕の使いかたエクササイズ(ビブラート再入門・第3回)

はじめに  腕の付け根がどこにあるか知っていますか?「ここが腕の付け根です」と思 ...

illust-kadouiki-kata4_thumb

【弦楽器奏者のお悩み相談室】ビブラートを実現する腕のしくみとは?(ビブラート再入門・第2回)

はじめに 左手テクニックにおけるビブラートの位置づけとは?  ビブラートは、左手 ...

林試の森公園でバイオリンをひく・いちろーた

【弦楽器奏者のお悩み相談室】ビブラートって、どう教わりましたか?(ビブラート再入門・第1回)

 あなたはビブラートのやりかたを、どう教わりましたか? 「いまのきみは、まだやら ...

チェロ:「痛みが悪化しないように、左手首をかばって演奏している」(いままで使っていなかった指と肘の動きを使ってみよう)

痛いけど演奏はしたい。 痛くならない演奏のやり方があるのなら、それを見つけて、使 ...

チェロ:「医者から手首に負担をかけないよう言われました。演奏したいのに、どうしたらいいの?」(無理のない腕の使い方があります!)

チェロをひいてて手首が痛いとか、あれが痛い・これが痛いってなるんです。それを医者 ...

チェロ:「いい歳だし、そんなに上手にはならないかなぁって」(やりたい分だけ、必ず弾けるようになります!)

アンサンブルグループや個人レッスンを受けながらチェロを楽しんでいるけれど、あちこ ...

no image

チェロ:「左手首をいたわりながら、それでも演奏したい」(大賛成です!思う存分楽しみましょう)

昔やっていたチェロを再開させました。 きっかけは、街角で聞こえてきた素敵な音色。 ...

no image

チェロ:「クレッシェンド……弓をどう動かせばいい?」(答えは楽譜から教えてもらおう)

mp(メゾピアノ)、カンタービレ……そして、クレッシェンド! 移弦もあるし、クレ ...

no image

チェロ:「クレッシェンド……スタッカートも移弦もあるし何から手をつければいいの!?」(奏者の仕事は、弓毛と弦をこすること。そして、クレッシェンドの始末のこと)

曲のなかでスタッカートがうまくいかない。 単体で練習すればうまくいくのに…… ど ...

チェロ:「スタッカートが、曲のなかではできない」(そのテクニックを使うのは何のため?一度できたことはいつでもできます。じゃあ、何が邪魔をしているんだろう?)

前回教わった「スタッカート」が 自分ひとりで、それだけを練習しているときにはでき ...

no image

チェロ:「速いスタッカートがうまくいかない!」左手と右手のシンクロ・その2(弦はトランポリン)

アンサンブルの楽曲で 速いパッセージを「スタッカートでひいてください」 と言われ ...

写真。チェロのボウイングの探求をする様子

【生徒さんの声】2013年8月度・個人レッスン受講、チェロYさん

2013/08/30   -受講生の声
 

 今月、個人レッスンを受講してくださったYさんから、感想文をいただきました。匿名 ...