バイオリン奏者のためのやさしい身体の使い方☆バイオリン応援団

バイオリンは弾けばひくほど元気になります。自然な姿勢で楽しめるし、肩や首もラクになります。真心こもった演奏は聴く人に癒しと励ましを与えます。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスン。ブログとメール講座で奏法改善のヒントを無料提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの有料相談も受付中。

「 教えるスキル・指導力アップ 」 一覧

「教えるプロになる」人のための無料メルマガ

(2)教えるって何をすればいいの?「はじめてのレッスンをしよう!」一問一答〜BodyChance土曜特別クラスで講師に招かれて

教えるとは、学ぶことです。 教えるとは、学びたい人を助けることです。学ぶための環 ...

no image

学びを深める簡単な方法。(簡単なことほど難しい?)

 学んだことを身につけるために、使いたい時に使えるようにするためにどんなことをや ...

no image

【悪い見本からも学べます】ヴァイオリニストのためのやさしいカラダの使い方

読みにくいメルマガの見本 いちろーたのメルマガ「ヴァイオリニストのためのやさしい ...

we-shall-overcome

「なぜうまくなれないのか」……「難しい」をあきらめないためにやれること

老若男女を問わず、挫折する人、伸び悩む人には、同じような理由があることに気づきま ...

【弦楽器演奏を上達させたい人に贈る】あなたの演奏を生かす鏡の使い方、ダメにする鏡の使い方

Photo by .Atanas 《気になる部分》よりも大事な全体性(コーディネ ...

no image

【教えるテクニック?指導原理?】演奏が上達する簡単アウトプット(言い換える、書く・話す)

 バイオリン応援団☆いちろーたです。楽器演奏をラクにする身体の使い方・姿勢のレッ ...

no image

指導者なら気をつけたい言葉の選び方〜「○○しかない!」をやめる

 教えるときに役立つ定番テクニックのひとつに「言い換え」があります。でも、あなた ...

no image

指導者・演奏者が練習に必要な《観察》を磨くエクササイズ【判断を留保しつづける】〜練習とは何か?「わからない」でもない「わかった!」でもない、変えるための試行錯誤をとことん許す

 指導者に必要なスキルのひとつが《観察》です。《観察》を磨くためにどんなトレーニ ...

no image

弦楽器指導者に贈りたい言葉……「姿勢は仕事をしない!」

 弦楽器指導者の皆さん!大事なことを申し上げます。 「姿勢」は仕事をしません   ...

no image

いちろーたのレッスンがなぜ効くのか考えてみました〜『自分より上手な人にも教えて、ヴァイオリンだけでなく二胡やチェロ奏者にも、役立つのはなぜか』ということ)

 この数カ月の間に、わたしのレッスンを受けてくださっている方は、プロ音楽家であっ ...

「カナメ先生のように教えたい!」メルマガ2013年6月24日号より

〜「カナメ先生のように教えたい!」〜  2013年6月12日のことです。私が一年 ...