人生をとことん楽しむバイオリンレッスン☆バイオリン応援団

あなたのバイオリンから真心こもった音楽が流れ出します。あなたの喜びと楽しみが大切な人へ届くように応援します。アレクサンダー・テクニークに基づいたレッスンとメール講座を提供中。東京都府中市の教室。Skypeでの相談も受付中。

痛みのない姿勢を学びたいあなたのためのレッスン《弦楽器奏者のための身体の使い方》【痛みのない姿勢を見つけるレッスン】はここにあります!

《ラクな姿勢と構え方》をマスターしよう

 弦楽器奏者のための身体の使い方【痛みのない姿勢を見つけるレッスン】は《ラクな姿勢と構え方》を学びパフォーマンスの改善をする、バイオリン応援団ならではのレッスンです。

 たとえば、こんなことに取り組んで効果を上げている生徒さんがいらっしゃいます……
たとえば……

  • 楽器の構え方、肩当て・あごあて(首・肩・腰など)問題の解消
  • 右腕の諸問題(弓の持ちかた、各種運弓法……レガート、ワンボウ・スタッカートなど)の向上、音色の改善
  • 左腕の諸問題(運指法……ビブラート・重音・ポジション移動など)の解消、音色・音程の改善
  • ステージ・スタジオなど、各種演奏環境への対応

 《ラクな姿勢》とは、演奏の動きのなかで学ぶものです。止まっていて学べるものではありません。いわば、「動きの質に違いをもたらすものはなにか」ということについて、自分の動きを見つめ、それがほんとうに必要かどうか、ほかにふさわしい動きをするために、何をしたらよいか……ということを学んでゆきます。

 姿勢が変わり、動きの質が変わると、同じ労力でより優れたパフォーマンスが発揮できるようになります。演奏以外でも、同じ仕事をより短時間で、あっけないほど疲労感なく片付けることができるようになっていきます。長年の肩こりや腰痛が解消してしまったという声も頂いています。

 《構え方》を学ぶことは、奏者であるあなた自身と楽器とのつながりを変えてゆきます。つまり、自分自身のなかにある音楽が体の動きとしてあらわせるようになり、楽器の性能を思う存分に引き出せるようにもなるという、じつに道理にかなったことなのです。

 学びを継続してゆくことで、カラダの使いかたが変わり、楽器演奏だけでなく日常生活での振る舞いにまで影響が現れるようになります。演奏にとどまらず、仕事や家庭でのコミュニケーションが変化してゆきます。自己観察が磨かれてゆくので、問題解決能力の向上にもつながります。

レッスン形態は2種類

学びが加速しやすいグループレッスン

じっくり自分と向き合う個人レッスン

相談・レッスンの予約はこちらをクリック

 無料の「読むレッスン」もあります。ぜひご登録ください。

メルマガバナー(スクエア)

2016/05/08